ピアスとシミとセンター分けと。


この写真は加工で明るめにしています。それなのに目視できるそばかす。(私はこれをシミとは呼ばず、そばかすと呼びます。)

さて、シミの事を書こうとしたのではないのです。

試しにピアス作ってみました。私はアレルギーがあるので、樹脂のポストしか持っていませんが、もし作成を本格的にやるのなら、いくつかの素材に対応したいと思います。

もうちょっと鎖の部分を長くしたり、ボンボンの大きさを変えたりするかもしれませんが、ビーズでザラメの飴玉みたいに作るのは、とてもお気に入りです。

ただ、目立つ。
ちなみに次の写真はもう片方。

なんと色が違う!
でもアシンメトリーにするか、シンメトリーにするかは、その時の、私の気分かもしれません。
私の世代はなんでもアシンメトリーが奇抜で良いという時代でした。
より正確にいうと「アシンメトリー」と声に出して言ってみたい世代。

今は逆に古いのか。でも髪型がどんどんアシンメトリーになっていってますよね。

そりゃそうだ、どこの歴史的な人にシンメトリーな髪型の人がいるのか、甚だ疑問です。(ちょんまげはシンメトリー。夏目漱石はアシンメトリー。太宰治とアインシュタインは日によって違うと思う。バッハはシンメトリー。)

私の若いころでも、しっかり真ん中で綺麗に櫛を入れている上司は愛情をもって「センター分け」と呼ばれていました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中