ミイラとは

先日行ったミュージアムのカフェ。こういう大きな建物の中に、結構木が鬱そうとしている空間を作るのはヨーロッパで流行っていた時期があるのでしょうか。
以前母が旅行したオランダかイタリアのどこかの駅もこんな写真だった気がします。(母曰く、観光スポットとしても有名な駅だったという事なので、ご存知の方もいるかもしれません。)

ちなみにここのミュージアム、今エジプトのミイラが来ています。何年も前に一回訪れた時は、ギリシャの白い像(なんていうんでしょうか。石膏の像?言葉を知らず、すみません。)がたくさん並んでいました。

ミイラは結局外側だけでした。そういうものなのかな。。ミイラっていうと茶色のガイコツみたいなやつを期待していたけど、なんか外枠だけ。。
ミイラってなんなのでしょうか。確かに包帯ぐるぐるになっているのはミイラって呼びますね。でも茶色の骨と皮だけになっているようなものもミイラって言いますね。古い体ってことなのかなぁ。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中