笹の舟で海をわたる

角田光代

読みました。怖かったです。読み始めるときに、毎回気合い入れなきゃいけないくらい。

別に私や私の周りの誰かと被っていたとか、彷彿とさせた、とかではないのですが、もともとこういうのは怖いのです。

もう少し前の時代なら大丈夫なのですが。例えば戦争中のとか。もう私の話として読めないからかな。

でも以前アガサクリスティの「未完の肖像」って本を読んだ時も怖かった。ミステリーではなく、この「笹の舟で」のようなストーリーだったと記憶してます。

怖いっていうのは多分しっくり来ていないんですけどね、億劫と怖いの中間というべきか。。←読書感想文を書いてみようとすると、毎回自分の言葉の乏しさに、それこそ戦慄を覚えます。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中